iPhone wiki

iPhoneレビュー&使い方

【開封レビュー】iPhone 12 ブルー(青色)を購入してみた!付属品も紹介

f:id:vvisteria:20201102114427p:plain

iPhone 12のブルー(青色)を購入したので、開封時に撮った写真を公開します。

iPhone 12の端末の他、箱に入っている付属品も全て紹介します。

実機デザインを詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【実機レビュー】iPhone 12 ブルー(青色)のデザイン

※今回の記事は開封レビューのため、写真多め・文字少なめの記事構成です。

iPhone 12 ブルー(青)の開封レビュー

iPhone 12の箱を開ける前に、購入したiPhone 12のスペック(仕様)を簡単に紹介します。

iPhone 12の仕様情報

f:id:vvisteria:20201102114518p:plain

  • 販売日: 2020年10月23日
  • ディスプレイサイズ: 6.1インチ
  • ディスプレイ解像度: 2,532 x 1,170ピクセル解像度 460ppi OLED
  • 12MPカメラ: 超広角・広角の2眼カメラ
  • 重さ: 164g
  • ストレージサイズの種類: 64GB・128GB・256GB
  • カラーの種類: ブラック・ホワイト・グリーン・ブルー

iPhone 12の購入時の値段

f:id:vvisteria:20201102114423p:plain

今回購入したiPhoneは、ストレージサイズが128GBで、色は ブルー(青色)を選択しました。

モデル番号はA2402。

128GBは一番安い64GBよりも5,000円ほど値段が高くなります。

アップルストアでの購入価格は税込み99,880円!高い...

家電量販店のヨドバシカメラやビックカメラで購入すると、1%分のポイントが貰えます。

【画像多数】iPhone 12 ブルーの開封

それでは実際に購入したiPhone 12を開封していきます!

f:id:vvisteria:20201102114353p:plain

▲iPhone 12が送られてくるダンボールがコチラ↑

オンラインストアのApple Storeで購入したことがある方には、お馴染みのダンボール箱だと思います。

f:id:vvisteria:20201102114401p:plain

▲ダンボールを開けると、こんな感じで展開します。

iPhoneの化粧箱はビニールに包まれて、衝撃がかからないように梱包されています。

このダンボール箱は、初期不良などで返送する時に使用する場合があるので、少しの間捨てずに取っておくと良いでしょう。

iPhone 12の化粧箱は薄い

f:id:vvisteria:20201102114407p:plain

iPhone 12シリーズから付属品が少なくなったため、iPhoneが入っている化粧箱のサイズが薄くスリムになりました。

f:id:vvisteria:20201017155933p:plain

2020年に発売されたiPhone SE2の箱と比べると、高さは半分ぐらいになっています。

f:id:vvisteria:20201102114419p:plain

購入したiPhoneの色によって、側面のiPhoneの文字やアップルマークの色が異なります。今回はブルーを購入したので、青色のアップルマークになっています。

ちなみに、iPhone 12が入っている化粧箱は白色ですが、iPhone 12 Proの化粧箱は黒色です。

f:id:vvisteria:20201102114412p:plain

▲化粧箱には内容品やシリアルナンバーなどが書いてあります。

iPhone 12 ブルーの本体

f:id:vvisteria:20201102114427p:plain

▲箱を開けて一番最初に出てくるのが、iPhone 12の本体です。

f:id:vvisteria:20201102114433p:plain

▲iPhone 12の背面はガラスになっており、ツヤがありツルツルしています。

側面はアルミニウムで、ツヤ無しのマットな質感。

f:id:vvisteria:20201102114439p:plain

▲画面ディスプレイはこのような白いテープで覆われています。

電源ボタンや音量ボタンなどのアイコンが描かれています。

iPhone 12の付属品(説明書&充電ケーブル)

iPhone 12 ブルーの付属品がコチラ↓

f:id:vvisteria:20201102114454p:plain

▲充電やデータの送受信に使用するLightningコネクタ - USB-Cケーブル。

ケーブルの規格が「USB-C」なので、旧機種で付いていた電源アダプタでは充電ができません。

f:id:vvisteria:20201017160030p:plain

▲このUSB電源アダプタではiPhoneが充電ができない。

f:id:vvisteria:20201102114500p:plain

▲SIMトレイを開けるPIN・説明書・アップルマークのステッカー。

アップルのシールは、iPhone 12から2枚から1枚に減らされました。

f:id:vvisteria:20201017125916p:plain
f:id:vvisteria:20201017125921p:plain

▲iPhoneに付いていたイヤホンや電源アダプタは、iPhone 12では付いてこないので注意しましょう。

iPhone 12 ブルー(青)の開封レビュー まとめ

f:id:vvisteria:20201102114506p:plain

iPhone 12の付属品が上記で全てです。

iPhone 12 ブルーのデザインは、以下の記事をご覧ください。

 

www.iphone-wiki.com