iPhone wiki

iPhoneレビュー&使い方

【実機レビュー】iPhone 12 ブルー(青色)のデザイン|色合い・カメラの出っ張り・ボタン配置の写真あり

f:id:vvisteria:20201102140854p:plain

Apple iPhone 12 ブルーの本体を、いろんな角度から撮影してみました!

カメラの出っ張り具合や液晶画面の大きさ、ボタン配置など、実物の端末を見ながら、デザイン詳細を解説していきます。

iPhone 12 ブルー(青色)のデザイン

f:id:vvisteria:20201102140905p:plain

▲まずはiPhone 12 ブルーの、背面デザイン(裏面)から見ていきましょう。

背面はガラス素材を使用しており、手触りはツルツルとしています。

f:id:vvisteria:20201102140854p:plain

▲角度を変えることで濃い青色(ネイビー)にも見えます。

上記写真のような色合いなら良かったんですが、実際の色はくすんだような青色です。

iPhone 12の側面&上部・下部

次にiPhone 12のサイドを見ていきましょう。

iPhone 12の側面にはアルミニウムの素材が使われており、マットなメタリックブルーとなっています。手触りはサラサラ。

f:id:vvisteria:20201102140918p:plain

▲画面ディスプレイから向かって左側のサイドには、着信/サイレントスイッチと音量ボタン(+/ー)があります。

このサイドには他にもSIMカードを入れるための穴もあります。

f:id:vvisteria:20201102140910p:plain

▲逆側にはサイドボタン(電源ボタン)があり、上下にアンテナの線があります。

f:id:vvisteria:20201102140923p:plain

▲上部にはボタン類は無く、アンテナの線だけがあります。

f:id:vvisteria:20201102140913p:plain

▲下部にはステレオスピーカーとマイクの穴の他、中央にLightningコネクタがあります。

穴の数はアシンメトリー(左右非対称)で、5つと3つの穴が開いています。

iPhone 12の背面カメラ部分

f:id:vvisteria:20201102140929p:plain

▲iPhone 12のカメラは2眼カメラで、超広角と広角の12MPカメラを搭載しています。

カメラの間にあるのはフラッシュライト。

f:id:vvisteria:20201102140933p:plain

▲カメラの出っ張りはこんな感じ↑

f:id:vvisteria:20201102140937p:plain

▲カメラ部分には土台があり、そのおかげでカメラの出っ張りはあまり気になりません。

iPhone 12の正面ディスプレイ

f:id:vvisteria:20201102140942p:plain

▲iPhone 12の画面ディスプレイは、上位機種のiPhone 12 Proと同じ6.1インチのOLEDディスプレイを使用しています。

解像度も同じで、2,532 x 1,170ピクセル(460ppi)。

画面はフラットで、iPhone 11のように端が曲線になっていません。

iPhone 12 ブルー(青色)のデザイン まとめ

f:id:vvisteria:20201102140905p:plain

iPhone 12 ブルーは、背面の色合いがもう少し深みのある濃い青色だったら良かったと思いました。

f:id:vvisteria:20201102114518p:plain

Apple公式サイトの画像では、上記のような深みのある色合いになっていますが、実際はどこか残念な青色でした。

そのため、iPhone 12 ブルーを買いたい方は、実際に実機を見てから購入することをオススメします。もしくはハズレ(差異)が少ない、ブラック・ホワイト・レッドを選びましょう。