iPhone wiki

iPhoneレビュー&使い方

【開封レビュー】iPhone 12 Pro パシフィックブルー(青)を購入してみた!付属品も紹介

f:id:vvisteria:20201102112925p:plain

iPhone 12 Proのパシフィックブルー(青色)を購入したので、開封時に撮った写真を公開します。

iPhone 12 Proの端末の他、箱に入っている付属品も全て紹介します。

実機デザインを詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【実機レビュー】iPhone 12 Pro パシフィックブルーのデザイン

※今回の記事は開封レビューのため、写真多め・文字少なめの記事構成です。

iPhone 12 Pro パシフィックブルー(青)の開封レビュー

iPhone 12 Proの箱を開ける前に、購入したiPhone 12 Proのスペック(仕様)を簡単に紹介します。

iPhone 12 Proの仕様情報

f:id:vvisteria:20201102114510p:plain

  • 販売日: 2020年10月23日
  • ディスプレイサイズ: 6.1インチ
  • ディスプレイ解像度: 2,532 x 1,170ピクセル解像度 460ppi OLED
  • 12MPカメラ: 超広角・広角・望遠カメラの3眼
  • 重さ: 187g
  • ストレージサイズの種類: 128GB・256GB・512GB
  • カラーの種類: シルバー・グラファイト・ゴールド・パシフィックブルー

iPhone 12 Proの購入時の値段

f:id:vvisteria:20201102112947p:plain

今回購入したiPhoneは、ストレージサイズが256GBで、色は パシフィックブルー(青色)を選択しました。

モデル番号はA2406。

256GBは一番安い128GBよりも11,000円ほど値段が高くなります。

アップルストアでの購入価格は税込み129,580円!高い...

家電量販店のヨドバシカメラやビックカメラで購入すると、1%分のポイントが貰えます。

【画像多数】iPhone 12 Pro パシフィックブルーの開封

それでは実際に購入したiPhone 12 Proを開封していきます!

f:id:vvisteria:20201102112931p:plain

▲オンラインストアのアップルストアで購入すると、このようなダンボール箱で到着します。配送業者はヤマト運輸。

箱に書かれている「UN3481」という番号は、リチウムイオン電池の国連番号を意味しています。

航空便で危険物を輸送する場合、商品の告知義務があるそうです。

f:id:vvisteria:20201102112936p:plain

▲ダンボール箱を開けると、上記のように箱が広がり、ビニールで保護されたiPhoneが出てきます。

このダンボール箱は、iPhoneに初期不良などがあった場合、返送時に使用するので、捨てずに少しの間とって置くのがオススメです。

f:id:vvisteria:20201102112942p:plain

▲iPhone 12 Proの化粧箱は真っ黒で、箱に描いてあるアップルマークとiPhoneの文字の色は、選んだ端末の色によって異なります。

ちなみに、iPhone 12の箱は全体が白色です。

また今回のiPhoneから、箱は薄型になりました。

f:id:vvisteria:20201102112952p:plain

▲箱には同梱物と、シリアルナンバーなどが書いてあります。

iPhone 12 Pro パシフィックブルーの本体

f:id:vvisteria:20201102112956p:plain

▲まずiPhoneの化粧箱を開けると、出てくるのがiPhone 12 Proの本体です。

f:id:vvisteria:20201102113002p:plain

▲iPhone 12 Proの背面はマットガラス仕上げになっており、とても落ち着いた色合いです。

この画像では黒が入っているような青色に見えますが、光の当たり具合でもっとブルーに見えるときもあります。

f:id:vvisteria:20201102113008p:plain

▲画面には白いテープが前面に貼られており、サイドボタン(電源ボタン)・サイレントスイッチ・音量ボタンのマークが描かれています。

f:id:vvisteria:20201102113014p:plain

▲テープを剥がしたディスプレイがコチラ↑。

iPhone 12 Proの付属品(説明書&充電ケーブル)

iPhone 12 Pro パシフィックブルーの付属品がコチラ↓

f:id:vvisteria:20201102113021p:plain

▲iPhoneの充電や、パソコンと繋いでデータを送受信するための「USB-C - Lightningケーブル」。

前回まで旧機種のiPhoneでは、USBでの接続ケーブルでしたが、iPhone 12からUSB-Cの接続ケーブルが付属品になりました。

f:id:vvisteria:20201102113026p:plain

▲SIMカードトレイを開けるピン・説明書・アップルのステッカー。

アップルマークのステッカーは2枚から1枚に削減されました。

iPhone 12 Proの付属品は以上となります。

イヤホンや電源アダプタの付属品はなし

f:id:vvisteria:20201017160025p:plain
f:id:vvisteria:20201017160030p:plain

旧機種のiPhoneでは付属していたEarPods(Lightningコネクタ)や電源アダプタは、iPhone 12シリーズから付かなくなりました。

そのため、上記アイテムを持っていない方は、別途アクセサリ類を買う必要があります。

ちなみに、2020年4月に発売されたiPhone SE2の付属品がコチラ↓

f:id:vvisteria:20201017125931p:plain

iPhone 12 Pro パシフィックブルー(青)の開封レビュー まとめ

f:id:vvisteria:20201102113032p:plain

上記がiPhone 12 Proの本体および付属品全てになります。

iPhone 12 Pro パシフィックブルーのデザインは、以下の記事をご覧ください。

www.iphone-wiki.com