iPhone wiki

iPhoneレビュー&使い方

【実機写真あり】iPhone SE2 ホワイト(白)のデザイン|色合い・カメラの出っ張り・ボタン配置

f:id:vvisteria:20201017193720p:plain

Apple iPhone SE(第2世代)ホワイトの本体を、いろんな角度から撮影してみました!

カメラの出っ張り具合や液晶画面の大きさ、ボタン配置など、実際の端末写真を見ながら、デザイン詳細を解説していきます。

iPhone SE2 ホワイト(白)のデザイン

f:id:vvisteria:20201017193715p:plain

▲まずはiPhone SE2 ホワイトの背面デザイン(裏面)から見ていきましょう。

中央には大きくアップルのマークがあり、文字などはありません。

背面はツヤ有りの白色で、光の当たり具合によって、見え方が違っていきます。

f:id:vvisteria:20201017193758p:plain

▲角度を変えると、光の反射はなくなり、真っ白な裏面となります。

アップルマークはシルバーではなく鏡面仕上げになっており、本物の鏡と同じように顔などをしっかりと映せます。

iPhone SE2の背面カメラ部分

f:id:vvisteria:20201017193725p:plain

▲iPhone SE2の背面カメラは12メガピクセルで、カメラの横にはフラッシュライトが付いています。

カメラを覆うフレームはシルバー。

f:id:vvisteria:20201017193730p:plain

▲カメラの出っ張りは約0.5mmほどで、高さはそれほど気になりません。

iPhone SE2の側面&上部・下部

次にiPhone SE2 ホワイトのサイドを見ていきます。

サイドは全てつや消しのシルバー(マットな銀色)になっています。

f:id:vvisteria:20201017193748p:plain

▲iPhone SE2の上部にボタン類などはなく、フラットな見た目。

f:id:vvisteria:20201017193739p:plain

▲下部にはステレオスピーカーとマイクの穴の他、中央にLightningコネクタがあります。

f:id:vvisteria:20201017193744p:plain

▲液晶ディスプレイの左側サイドには、着信/サイレントスイッチと音量ボタン(+/ー)があります。

サイレントスイッチの上にある白い線は、アンテナバンドの線です。この線は左右のサイドに合計4本あります。

f:id:vvisteria:20201017193735p:plain

先程のサイドの逆側には、サイドボタン(電源ボタン)とSIMカードスロットの穴があります。

iPhone SE2の正面

f:id:vvisteria:20201017193752p:plain

▲iPhone SE2の画面の大きさは4.7インチの液晶ディスプレイで、画面の解像度は1334 x 750ピクセル 326ppi。

ベセル(画面の枠・フレーム)の色はツヤ有りのブラック。

iPhone 8/7/6sなどのホワイトモデルは、ベゼルの色は全て白色でした。iPhone SE2から正面はどの色も黒色に。

正面下部にはホームボタンが付いており、指紋認証(Touch ID)が付いています。

iPhone SE2にはインカメラの7MPカメラが付いていますが、顔認証によるロック解除はありません(Face IDなし)。マスク生活の中では指紋認証の方が使い勝手が良いです。

iPhone SE2 ホワイト(白色)のデザイン まとめ

iPhone SE(第2世代)ホワイトのデザインは、iPhone6〜iPhone8までの本体と、ほとんど変わりはありません。性能差はもちろんあります。

ホワイトモデルでは従来正面も白色の枠でしたが、iPhone SE2では黒色の枠になりました。

個人的にはあまり気にならなかったので、画面の縁の色は白でも黒でもどちらでも良いのかなと思いました。