iPhone wiki

iPhoneレビュー&使い方

【実機写真あり】Apple Watch 6の新色ブルー(青色)をストアで見てきた!デザインやカラー

f:id:vvisteria:20201020113101p:plain

2020年9月18日に発売されたApple Watch Series 6には、新色のブルーアルミニウムケースが追加されました。

実際にストアで見てきたブルーアルミニウムの色合いや、デザインなどを詳しく紹介します。

Apple Watchのケースの種類一覧

f:id:vvisteria:20201020113153p:plain

まずApple Watchの色の種類について紹介します。

  • スペースグレイアルミニウム
  • グラファイトステンレススチール
  • シルバーアルミニウム
  • シルバーステンレススチール
  • ゴールドアルミニウム
  • ゴールドステンレススチール
  • (PRODUCT)REDアルミニウム
  • ブルーアルミニウム

Apple Watchには現在8種類のケースの種類があり、簡単に色分けするとブラック・シルバー・ゴールド・レッド・ブルーの5色があります。

素材はアルミニウムとステンレススチールの2種類があり、ステンレススチールの方が値段が3万円高くなります。

レッドとブルーだけはステンレススチールがなく、アルミニウムケースだけがあります。

バンド種類はかなり多いので、ここでは省略します。

Apple Watch 6の新色ブルーアルミニウム

それではApple Watch Series 6 ブルー(青色)の実物写真を公開します。

バンドはスポーツバンドのディープネイビーで、大きさは44mm。

f:id:vvisteria:20201020113119p:plain

▲Apple Watch Series 6のブルー正面がこちら↑

正面からだと、新色のブルーだとは気づかないかもしれません。

f:id:vvisteria:20201020113107p:plain

▲正面から向かって右側には、クラウン(Digital Crown)・マイクの穴・サイドボタンがあり、クラウンには赤い丸が入っています。

サイド部分はツヤ無しで、サラサラとしたマットな質感です。

素材はアルミニウム製なので、カラーはメタリックブルーといった方がしっくりときます。

f:id:vvisteria:20201020113054p:plain

▲アップルの公式画像で見ると、サイドのデザインとカラーはこんな感じです。

f:id:vvisteria:20201020113113p:plain

▲先程のサイドの逆側には、スピーカーと通気孔があります。

f:id:vvisteria:20201020113142p:plain
f:id:vvisteria:20201020113137p:plain

▲上部と下部はそれぞれこんな感じです。

f:id:vvisteria:20201020113131p:plain

▲Apple Watch Series 6の裏面には、血中酸素濃度センサーと光学式心拍数センサーが付いています。

この白い枠はストアの盗難防止装置で、実際のApple Watchには付いていません。

f:id:vvisteria:20201020113047p:plain

▲公式画像で裏面を見ると、8個の穴があるのが確認できます。

円の周りには、Apple Watchのスペック(仕様情報)表が刻印されています。

Apple Watch 6の新色ブルー(青色) まとめ

Apple Watch Series 6の新色ブルーの実物を見ると、実際はブルーというよりも濃いブルーもしくはネイビーといった方が正しいかもしれません。

スペースグレイと同じ濃い色合いなので、主張しすぎず落ち着いたカラーに仕上がっていました。